作成者別アーカイブ: plan-B

plan-B について

plan-B(プランビー)のオフィシャルウェブサイト

2017年10月のスケジュール

 
<plan-B主催> 
10/6【金】
RED SKY~JohnDuncan x Jim O’Rourke x Eiko Ishibashi x Joe Talia Japan Tour~

HORROR OBSOLETE: Endless Mardi Gras Solo video event
open19:30/start20:00

John Duncan
ジョン・ダンカン(ボローニャ)は、70年代よりロサンジェルスで活動を始め、その後東京、アムステルダムと拠点を移し、現在はイタリアを拠点に活動している。70年代当時よりアメリカの西海岸で前衛的な活動をしていたサウンドアーティストの集団LAFMSのメンバーやアラン・カプロウなどのパフォーマンスを中心に活動していたヴィジュアル・アーティストとも交流を持つ。インスタレーション、短波ラジオ、自身のレーベルなど、様々な方法や媒体でサウンドを使った表現を追求し、多くのコラボレーション作品も発表している。Iggy Pop,Nina Simone,The Four Tops,などのカバーをJIm O’Rourke、the NecksのChris Abrahams,Oren Ambarchi,Carl Michael von Housswolf,石橋英子等と録音したアルバム「Bitter Earth」を2016年に発表。人間の声がもつ原始的な無限の可能性と魅力を十二分に伝えている。






<料金>
前売 3,500円
学生 2,500円 (要学生証)
当日 4,000円

<ご予約>
ご予約はこちらから → http://i10x.com/planb/contactus
※メールのみの受付となります。満員になり次第受付を終了いたします。
「当日」に関しては満員でない場合のみ窓口で受付いたします。






チラシ裏:ツアー全体のスケジュールがご覧いただけます。

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

完売御礼!。
大変申しわけございません以下の公演は販売終了となります。plan-Bは狭い空間ですので、当日お越しいただいてもご入場はできません(当日券はございません)。また、plan-Bよりご予約ご返信がない方は予約が完了しておりませんので同様にご入場はできません。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。また本公演に関しましては、販売から即時完売となったため、次回の公演も検討中です。決まりしだい情報をアップいたしますので、今回見られなかった方は次回をお楽しみいただけると幸いです。plan-Bスタッフ一同

速報 ★ロジャー・ターナー 来日★日本ツアー2017!★

plan-B 主催
2017 年10 月13 日(金)
ロジャー・ターナー duo with 田中泯






チラシA面/A-flyer

開場:19:45 (開演:20:00)
料金:3500円(予約のみ)
予約:http://i10x.com/planb/contactus
ご予約はこちらから (メールのみ)

ロジャー・ターナー
1970年代初頭から英国を拠点に活動。ソロ、実験的ロックミュージシャンやフリースタイルの歌手との共演、前衛ダンス、映画や現代芸術家らとの捜索活動に参加する等、精力的に活動。ワークショップやジャズ音楽ベースのアンサンブルにも多数参加。共演者の名を挙げたら遑がないが、アネット・ピーコック、セシル・テイラー、チャールス・ゲイル、フィル・ミントン、が挙げられる。 2013年には、原美術館にて大友良英と共演し、鮮烈かつ鋭角的なパーカッション演奏を見せた。田中泯とは昨年、大好評だったエッグファームでの共演を経て今回が2回目のスペシャル公演となる。
https://www.turners-site.com

田中泯
実験的なダンサー、コレオグラファーである。1974年、精神―物理の統合体として存在する身体に重点をおいた「ハイパーダンス」という名称で知られる独自のスタイルを画一した。田中の踊りへのアプローチは、一般的に踊りと呼ばれている芸術的テクニックに閉じ込めるのではなく、踊りの本来持つ根元的な要素を探る行為と言っても過言ではない。彼の特有なソロパフォーマンスは、その多くが事前に決定された振り付けに基づくものではなく、その場所への因縁や歴史、または、そこに居合わせた人、そして共演者からの波動を受け入れることを試みている。「私は場所で踊るのではなく、場所を踊る」とは彼の言葉である。即興音楽では、数々の大事な歴史を持つこのplan-Bで先鋭ロジャー・ターターと新たな旅をする!
www.min-tanaka.com

「お断り」先行情報解禁のチラシA面のロジャー・ターナーのプロフィールは、内容が少し変更されております。内容そのものに間違いはございませんが、最新の情報内容は上記となります。よろしくお願い申し上げます。plan-B

会場:plan-B
住所:東京都中野区弥生町4-26-20 モナーク中野B1
(plan-B 入り口は中野通り沿いになります、ご注意ください)
電話:03-3383-2051 (当日のみ対応可能)

=============

★Roger Turner is coming to Japan!★Japan Tour 2017! ★

plan-B presents:
DUO performance with Roger Turner and Min Tanaka
Date: Friday, October 13th, 2017

Time: Door Opens at 19:45, and Starting at 20:00
Tickets: 3500 yen (available only with reservations)

Reservation(only E-mail): please, click here
Venue:plan-B
Address: Yayoi-chou4-26-20 Monarch-NakanoB1,Nakano-Ku,Tokyo,Japan164-0013

Roger Turner
Turner has been actively working as a drummer and percussionist based in England since early 1970’s. The extensive variety of his music creation and investigations into the possibilities of music includes collaborations with experimental rock music and open-form songs, and creative activities with avant-garde dance, films, and contemporary visual artists, as well as a number of his solo works. Also, he has given workshops, established an independent label, and worked with numerous Jazz-based ensembles. His numerous collaborators include Annette Peacock, Cecil Taylor, Charles Gayle, and Phil Minton, among many. In 2013, Turner collaborated with Yoshihide Otomo in Hara Museum of Contemporary Art, playing vivid and acute percussion performance. After receiving superb acclaim for the performance with Min Tanaka last year at HALL EGG FARM, This performance will be the second special session with Roger Turner and Min Tanaka.
https://www.turners-site.com

Min Tanaka
Tanaka is an experimental dancer and choreographer. In 1974, he developed a unique style known as ‘hyper-dance’ which emphasizes the psycho-physical unity of the body. It is not too much to say that Tanaka’s approach to dance is the act of exploration of the fundamental elements which are inherently immanent in dance, rather than confined by the principles of an existing technique. His idiosyncratic solo performances are mostly not based on a pre-determined choreography. They are pure experiments to be receptive to the space’s history, fatal connections, or the entire reactions of the audiences in each place. ‘I dance NOT in the place; I dance the place.’ he has said. At plan-B, where a number of historically significant improvisation music performances have been held, he will make a new journey with radical percussionist Roger Turner!
www.min-tanaka.com

Please Note: Roger Turner’s profile was revised from the A-flyer for immediate release. Either of them are correct information; however, the above is the latest update. Thank you. –plan-B






チラシB面/B-flyer

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

完売御礼!。
大変申しわけございません以下の公演は販売終了となります。plan-Bは狭い空間ですので、当日お越しいただいてもご入場はできません(当日券はございません)。また、plan-Bよりご予約ご返信がない方は予約が完了しておりませんので同様にご入場はできません。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。また本公演に関しましては、販売から即時完売となったため、次回の公演も検討中です。決まりしだい情報をアップいたしますので、今回見られなかった方は次回をお楽しみいただけると幸いです。plan-Bスタッフ一同

plan-B 主催
2017 年10 月20 日(金)
DUO 中村達也(ドラム) + 田中泯(ダンス)
「テメエの眼を見ろ、何も言うな!」




開演 19:00(開場18:45)
料金 3500円(要予約)

<ご予約>
ご予約はこちらから → http://i10x.com/planb/contactus
※メールのみの受付となります。満員になり次第受付を終了いたします。
「当日」に関しては満員でない場合のみ窓口で受付いたします。

会場:plan-B
plan-B地図

—————-

中村達也
65年富山県生まれ。81年名古屋エレクトリックレディランドにてショッカーズのドラマーとしてデビュー。その時代のパンク、ニューウェーブに影響を受け、自身もパンクバンドOXYDOLLを結成。在籍中に、原爆オナニーズ、スターリン、スタークラブのツアードラマーとして参加。上京してGODを結成。在籍中に親交のあったマスターベーションに参加。1990年、かつての旧友 浅井健一に再会しブランキージェットシティーに参加。2000年解散迄の10年間、国内メジャーシーンで活躍し各方面に多大な影響を与える。
2000年以降からピアニスト 山下洋輔とのフリーセッションを機に、ジョン・ゾーン、ビル・ラズウェル、近藤等則、大友良英などあらゆるジャンルのミュージシャンとのセッションや作品制作を行い、2009年田中泯(舞踊家)、黒田征太郎(画家 )とドラム即興演奏・ダンス・ライブペインティングという異種格闘技のようなライブに挑戦。以降はあらゆるジャンルのアーティスト達の創作表現と自身の即興演奏で活動の場を広げていくようになった。現在は斉藤和義とMANNISH BOYS、遠藤道郎氏との奇跡的な再会によりはじめたTouch Me、チバユウスケ、イマイアキノブとのThe Golden Wet Fingers、スガダイローとの赤斬月、映画監督 豊田利晃氏のライブシネマでのバンドTWIN TAIL、不定期で自身のバンドLOSALIOSの活動を行なっている。
2014年東北ライブハウス大作戦への出演要請により中村達也独奏ライブ「壊れた窓」を敢行。ついに独奏に辿り着く。
その他、映像作品にも多数出演しており、塚本晋也監督の「バレットバレエ」にて俳優デビュー後は「私立探偵濱マイク」「ラマン(愛人)」「蘇りの血」「NHK大河ドラマ『龍馬伝』」近年では「野火」「High&Low」への出演がある。

田中泯
実験的なダンサー、コレオグラファーである。1974年、精神―物理の統合体として存在する身体に重点をおいた「ハイパーダンス」という名称で知られる独自のスタイルを画一した。田中の踊りへのアプローチは、一般的に踊りと呼ばれている芸術的テクニックに閉じ込めるのではなく、踊りの本来持つ根元的な要素を探る行為と言っても過言ではない。彼の特有なソロパフォーマンスは、その多くが事前に決定された振り付けに基づくものではなく、その場所への因縁や歴史、または、そこに居合わせた人、そして共演者からの波動を受け入れることを試みている。「私は場所で踊るのではなく、場所を踊る」とは彼の言葉である。plan-Bでのデュオは初競演となる!見逃すなかれ!!

====================================

plan-B presents:
Friday, October 20th,2017
DUO Tatsuya Nakamura (Dr)+ Min Tanaka (Dance)
“Look into Your Eyes and Don’t Say Anything!”

Time: 19:00start/18:45open
Tickets: ¥3500
   ※available only with reservations

Reservation:contact via EMAIL ONLY
Venue: plan-B
Address: 4-26-20 Monarch-Nakano B1, Yayoi-cho, Nakano-Ku, Tokyo 164-0013 Japan

—————–

Tatsuya Nakamura
Born in Toyama, Japan, in 1965. In 1981, he debuted as a drummer in a group The Shockers at Electric Lady Land, Nagoya’s oldest live house. Inspired by Punk and New Wave movement at the time, he formed his own punk band OXIDOLL. While playing in the group, he also actively participated in other groups such as Genbaku Onanies, The Stalin, and The Star Club, as a touring drummer. After relocating to Tokyo, he formed another band GOD, and later joined the Masturbation and actively performed in the two groups. In 1990, a reunion with an old fried Ken’ichi Asai resulted him in joining the Blankey Jet City. The group actively played in Japan’s major scene for 10 years, and had given a strong influence on its rock and alternative, as well as pop music, until disband in 2000.
Nakamura started his collaboration with wider variety of musicians as a solo drummer with a free session with Yosuke Yamashita, which has lead him to play and create music with John Zone, Bill Laswell, Toshinori Kondo, Yoshihide Otomo, and many other musicians beyond genres of music. In 2009, he took a challenge and played in collaboration with Min Tanaka, dancer, and Seitaro Kuroda, painter. The live performance of this“mixed martial arts” has broadened Nakamura’s cross-genre activities even further, and resulted in collaborating with a number of non-musical artists with his improvisational drumming. At the same time, he has been actively playing in various duo and trio groups: MANISH BOYS with Kazuyoshi Saito, The Golden Wet Fingers with Yusuke Chiba and Akinobu Imai, Akazangetsu with Dairo Suga, and Touch Me with Michiro Endo whom he reunited by miraculous encounter. He is also a member of TWIN TAIL, which has formed for “Live Cinema,” a combination performance event of film screening, live music, and theatrical play, by the director Toshiaki Toyota. His own group LOSALIOS has been active, though irregularly.
It was a request sent to him in 2014 to play for Tohoku Live House Campaign, on-going charity music event to support live houses damaged by Great East Japan Earthquake that lead him to play his first solo live performance “Broken Window.” For him, it was “finally to this point to play solo.”
He has appeared in a number of films and TV dramas such as “Bullet Ballet” directed by Shin’ya Tsukamoto as Nakamura’s debut as an actor, “Shiritsu Tantei Hama Maiku (The Private Investigator Mike Hama)”, “L’ammant (Aijin)”, “Yomigaeri no Chi (The Blood of Rebirth)”, and NHK’s Taiga drama “Ryomaden”, and recent works includes “Nobi (Fire on the Plain)” and “High&Low”.

—————–

Min Tanaka
Tanaka is an experimental dancer and choreographer. In 1974, he developed a unique style known as ‘hyper-dance’ which emphasizes the psycho-physical unity of the body. It is not too much to say that Tanaka’s approach to dance is the act of exploration of the fundamental elements which are inherently immanent in dance, rather than confined by the principles of an existing technique. His idiosyncratic solo performances are mostly not based on a pre-determined choreography. They are pure experiments to be receptive to the space’s history, fatal connections, or the entire reactions of the audiences in each place. ‘I dance NOT in the place; I dance the place.’ he has said. At plan-B, this is the first-time DUO collaboration with Tatsuya Nakamura and Min Tanaka! Do not miss it!!
www.min-tanaka.com

2017年9月のスケジュール

 

9/15【金】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


<plan-B主催> 
2017年9月16日土曜日
田中泯 演出
石原淋 ソロダンス
「オドリといるために3」
——–
演出:田中泯
出演:石原淋
音:村上史郎
照明:アミ
舞台:森純平





開演20:00(開場15分前)
料金:2500円

予約:ご予約はこちらから 予約のみ
   満員になり次第受付を終了いたします。
会場:plan-B map
住所:〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
   plan-B入り口は中野通り沿いになります。ご注意ください。
電話:0333842051(当日のみ使用可能)

plan-B presents
2017, 16 Sep (Saturday)
Rin Ishihara solo dance
“Dance, Inside Ⅲ”

Choreographed and directed by Min Tanaka
Dance:Rin Ishihara
Sound:Shiro Murakami
Light:AMI 
stage design:Junpei Mori

Time 20:00start /19:45open
Fee ¥2500

Reservatons: Only Reservaton
Place: plan-B Map





 

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

映画上映「山谷─やられたらやりかえせ」上映会&講演
監督 佐藤満夫・山岡強一 ドキュメンタリー/16mm/カラー/1時間50分
2017年9月30日(土)

映画上映18:00
講演20:00(60分前後)

講演
60・70年代から現在まで――
そこに見られる日本型ファシズム(天皇帝国)と寄せ場
松沢哲成(寄せ場学会)

 1970年代終わりの頃か。当時よく読んでいた「現代の眼」やら「流動」などの(総会屋系サヨク)雑誌。そこで頻繁に特集されていたのが「1930年代との類似性」「ファシズムがやってくる」というものだった。まだ戦時下の記憶が残っている時代だったのだろう。

 しかしその記憶は継承されぬまま、やがてこれらの雑誌は消え、何度も何度も「オオカミがくる」と煽り続けていたオオカミ老人のほとんどが鬼籍へと去っていった今、いよいよホントにオオカミがやってきた。

 日本型ファシズム(天皇帝国)の研究を続けてきた松沢哲成さんは、この推移をどのように見てきたのだろう。60年闘争以後、反弾圧救援活動をへて、80年代・山谷闘争へ関わってきた松沢さんには、今回はあえて研究者としてではなく、「この時代」を「体験にそくして」語っていただきます。

「かつての運動」へのオマージュではなく、まさに「今」を捉えるために。
 
(山谷制作上映委員会)

※映画上映は午後6時~(開場は5時30分)、お話は午後8時くらいからです。

<予約>
料金 当日:1200円/チラシ持参の方:1000円(チラシ持参の方)
※講演のみは無料ですが、カンパ歓迎!

<問合せ>
090-1836-3430(池内) 
e-mail:komi-ko3@jc.ejnet.ne.jp(小見)
 
オフィシャルサイト

 

2017年8月のスケジュール

8/4【金】
知念大地ソロダンス
「求愛・口づけ」

開演/19:30-(開場は10分前)

2015年に行われた知念大地ソロダンス「命の息つぎ」公演以来、2年ぶりのplan-B公演になります。

外気を遮断し、屋内で踊る数少ない機会です。コンクリート打ちっ放しの異空間plan-Bは大道芸の表現に疑問を持ち始め、命のままに街を彷徨っていた知念大地が2007年、気が狂いそうになりながら東京で初めて公演を打った場所であり、その後、田中泯のダンスと出逢った場所であり、その後、幾度も自分自身・世界と対峙し続けてきた重要な場所です。
新たな脱皮にお立ち会い、是非ご来場ください。

==================

さっきまで天気だった
突然空気が冷たくなり、風が吹き出した
奴が来る!
太陽を背に、風を巻いて。
そうだ、暴風、まるで台風の様にグラウンドのフェンスは軋んだ。
小さな枝なんて折れて吹っ飛んでら!
田畑は狂わんばかりに揺れ、街はずぶ濡れだ。ビシャーン!ビシャーン!(雷)
俺は高台からカモシカの様にそいつを眺めていた。
もう追い詰められてね。無視できなくてね。
俺は下駄ぬいでグラウンドの真ん中まで突っ走ったよ。
あんなに乾いていた街が
今では奴に踊らされているんだ。
暖かいションベン突っ立ったまましたよ。土と一緒に身体に塗って、あぁ、あったかいなって。
お前もいたらな
踊ったろうな
生きてるかい?

知念大地

==================



チケット/前売り2,500円 当日3,000円  

<ご予約> こちらから
daichifly.work@gmail.com 

plan-B電話:03-3384-2051(公演当日のみ)

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

8/11【金】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

8/15【火】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

8/16【水】〜8/18【金】「レンタル不可」会場は公演・イベントのため抑えられております

 
8/19【土】20:00
8/20【日】15:00

安奈主催
ダンス公演
初演「溢れる」

料金 2000 円
※ 座席に限りがございますので必ずご予約をお願いいたします。
※ 満員になり次第締め切りとさせていただいます。

<ご予約>
19日のチケット予約
20日のチケット予約

<問い合わせ>
メール:office@andance.info
電話:03-3384-2051(※当日のみ)





演出・衣裳・音
安奈

出演
岸田圭介(ダンス)
安奈(ダンス)
岸田美由紀(ダンス)
天野洋幸(パフォーマンス)

応援
山崎悟(パーカッション)
藤倉めぐみ(音さがし/言葉つむぎ)

美術
天野洋幸(絵画展示)

照明
伊藤一巳

舞台監督
水川カズミ

撮影協力 前田宏隆(photo)
Kou Kikuchi(movie)

制作 andance
協力 plan-B

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

8/22【火】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<主催plan-B>
8/25【金】
今井和雄 ソロワークス71
「またギターの日」

19:30オープン 
20:00スタート
料金;2300円

ご予約はこちらから




25th Aug, 2017
Kazoo Imai
Solo works 71
「Again, day of Guitar」






19:30/open
20:00/start
fee:2300

Reservation

 

2017年7月のスケジュール

<plan-B主催> 
2017年7月5日水曜日
田中泯 ソロダンス「TAHARA」

——–

出演:田中泯
音:石原淋
照明:アミ

開演20:00(開場15分前)
料金:2500円

予約:ご予約はこちらから 予約のみ
   満員になりました。
   受付は終了いたしました。
   ありがとうございます。
会場:plan-B map
住所:〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
   plan-B入り口は中野通り沿いになります。ご注意ください。
電話:0333842051(当日のみ使用可能)




写真:アメリカンエキスプレス日本語版会員紙「departure」のPEOPLE VOL.17に掲載された田中泯。写真家「田原桂一」によって撮影されました。※田原桂一 2017年6月6日 65歳にて永眠

plan-B presents
2017, 5 July (Wednesday)
Min Tanaka solo dance
“TAHARA”

Dance:Min Tanaka
Sound:Rin Ishihara
Light:AMI 

Time 20:00start /19:45open
Fee ¥2500

Reservatons: sold out! Thank you very much!
Place: plan-B Map

7/13【木】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 

7/15【土】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 

7/20【木】、7/21【金】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 

7/27【木】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 

<共催plan-B>
2017年 7月29日(土)20:00開演
2017年 7月30日(日)19:00開演

櫻井郁也ダンスソロ『夜』
SAKURAI IKUYA DANCE SOLO “Premonition”

*ロビー開場は各20分前です。
*ご着席は開演直前に整理番号順のご案内となります。
(前売・予約の方優先)





【スタッフ】
ダンス・光・音:櫻井郁也、美術・衣裳:櫻井恵美子、スタッフ:秋葉美香、小林智美、新多至
企画制作=十字舎房、共催=plan-B

【解説文】
こわれたことばに。おとのないとどろきに。みえないはかいに。夜に。あすの、内乱のよかんに。からだの、底にささる、ふるえに。
いま世の、このブレーキが利かない墜落カンカクのなかで、、、。などと思いつつの挑戦です。みなさま、ぜひ。 櫻井郁也2017

【略歴】
《櫻井郁也 Sakurai Ikuya》1964年、奈良生。笠井叡に師事。1997年より美術の櫻井恵美子と「十字舎房(cross-section)」にて共同で創作活動を展開。2001年よりplan-Bでのソロシリーズを継続公演。これを軸に、ポルトガル招聘公演(2006)、ルクセンブルク招聘公演(2012)、ダンス白州(2001~09)、NHK振付(2002~07放送)、越後妻有トリエンナーレ(2012)、いちはらアートミックス(2014)、長崎原爆70年忌公演(2015)など、50作以上のダンスを発表。日本大学芸術学部卒。オイリュトミーシューレ天使館・第一期修了。

【料金】
・予約=2,800円(当日払い/各回とも前日まで受付)
・当日=3,000円(開場時発売/残席分のみ先着順)
※前売券2500円あり(事前振込/申込〆切=7月20日)
※学割予約2000円あり(予約のみ。受付にて学生証提示/大・中高・専)

【チケット申込・ご予約】
十字舎房・公式ホームページ(5/20オープン)
 http://www.cross-section.x0.com/ 
*上記HPのチケット申込フォームよりお申込みください。
*各回50席まで。なるべく「予約」または「前売券」をご利用ください。

【お問い合わせ】
メール= juujishabou@gmail.com
★当日はplan-B= 03-3384-2051にお電話ください 

【公演サイト】
櫻井郁也/十字舎房オフィシャルHP
http://www.cross-section.x0.com/ 




7/30【日】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 

2017年6月のスケジュール

 

6/2【金】「レンタル不可」会場は公演・イベントのため抑えられております

 

6/8【木】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 

6/11【日】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 

映画上映「山谷─やられたらやりかえせ」上映会&講演
監督 佐藤満夫・山岡強一 ドキュメンタリー/16mm/カラー/1時間50分
2017年6月10日(土)

映画上映18:00
講演20:00(60分前後)
※上映開始時間はpm6時からですのでご注意ください

流動する「共同体」と韓国
お話:今政肇(いままさ・はじめ/文化人類学・翻訳・園耕)

今回は、韓国から今政肇さんをお招きして「共同体」―「共同性」をめぐってお話をしていただきます。

韓国では先ごろ大統領選が行われ「民主派」の候補が当選したが、その前の朴槿恵罷免を押し進めたのは連日の大デモンストレーションであったことはご存知のとおり。ぼくらは報道されるそうした「大きな運動」に耳目を奪われがちだが、もちろん韓国の「運動」はそればかりではない。あちこちで「小さな」グループが活動し、お互いの交流も活発に行われている、らしい。
今政さんは2004年ころからソウルの研究空間〈スユ+ノモ〉と接触し、会員として活動、『山谷』の上映にも携わっていただいた。また、この2月に刊行された李珍景『無謀なるものたちの共同体/コミューン主義の方へ』(インパクト出版会)の翻訳者でもある。

――その本の「訳者紹介」を無断引用すると…
「高知で高校を卒業後、ロサンゼルス近郊の大学で文化人類学を学ぶ。2000年代中頃、韓国と日本にまたがる植民地の記憶についての博士論文の研究の最中にスユノモと出会う。(そのせいではないが)フィールドワークをこじらせる。2012年までソウルに在住しスユノモ会員をして活動。現在では、かつての百済と新羅の国境地帯である山間部で小学校に通う娘二人とあいかたと共に地域および都市の間の地味な関係をつなぎつつ、なんとかしようとしている」
 
…ということになるが、そうした「流動する目玉」が見た、現在の村の生活、ソウルの〈スユ+ノモ〉を始めとした「共同体」運動、労働運動や協同組合、ぼくらの目のとどかない「マイナー」な運動界隈を、特に「世代」と「ジェンダー」という観点から語っていただき、そこから辿れる韓国の大衆運動や政治/社会の「風景」を浮かび上がらせていただきたい、と思っています。

ご期待ください。

<予約>
料金 1200円(講演のみは無料)/1000円(チラシ持参の方)
※講演のみは無料

<問合せ>
090-1836-3430(池内) 
e-mail:komi-ko3@jc.ejnet.ne.jp(小見)
 
オフィシャルサイト

 

6/14【木】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 
 
2017年6月18日【日】
★沖縄上映会Vol.4★

●ドキュメンタリー
「いのちの森・高江」(カラー65分)
 監督:謝名元慶福  語り:佐々木愛

●沖縄ニューズリール 
「辺野古のたたかい」Vo.10(カラー38分)
 製作・著作:森の映画社/影山事務所

●ライブ演奏
 石原岳(Eg.& S.eff.)
 勝井祐二(Vio.)
 玉井夕海(Accord.&Vocal)

料金:¥1500

<タイムテーブル>
15:00 開場
15:30「いのちの森・高江」上映
16:35「辺野古のたたかい」Vo.10上映
17:15 休憩
17:30 ライブ演奏:石原岳(E.G&S.eff.)/勝井祐二(vio.)/玉井夕海(Accord.&Vocal)
19:00 交流会(持ち込み大歓迎)      
21:99 終了

石原岳
沖縄県東村高江在住。「高江音楽祭」主催。エレキギターとエフェクターを使い演奏。沖縄県東村高江で起こっていることを広める「高江音楽祭」を中心に、坂田明、勝井祐二など様々な人との即興演奏セッションで沖縄県内外で活動。2011年、1stアルバム『Yoru no Kazoku』2013年、2ndアルバム『発酵する世界』リリース。

勝井祐二(音楽家/ヴァイオリニスト)
ROVO.KOMA.TWIN TAIL.DRAMATICS.勝井祐二 × U-zhaan.FISHMANS.などのバンドやユニットと、ソロや様々な音楽家との即興演奏で、エレクトリック・ヴァイオリンの表現の可能性を追求し続ける第一人者。「1991-1992 JAPAN – UK Festival」の中心展示「VISIONS OF JAPAN」(Victoria and Albert Museum)のサウンド・ディレクターを務め、渡英。帰国後、(日本最初期のレイヴ・パーティー「WATER」をオーガナイズする。2013年「ROVO and SYSTEM 7」名義のアルバム「Phoenix Rising LP」を世界発売。2013~2014年にかけて、アジア~ヨーロッパツアーを行い、フジロックフェスティバル’14に凱旋。2016年 ROVO結成20周年記念アルバム「XI (eleven)」発表。

玉井夕海
ウタウタイ。渋さ知らズ。2016~「高江音楽祭」東京編サポート。2015年不破大輔プロデュース「MOTHER SUN」(地底レコード)リリース。女優・声優として映画『もんしぇん』『NOT LONG AT NIGHT』『千と千尋の神隠し』『忘念のサムド』等出演。『赤崎水曜日郵便局』他長期アートプロジェクトにも参加。音楽の旅プロジェクトwhite Elepantは現在進行形。

予約・問合せ 
Tel:080-3410-7001
Email:Kingyo8.time@gmail.com

協力:照明 2PAC/ PA 村重勇二
主催:辺野古・高江連帯オカヤドカリの会

 

6/24【土】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 

6/25【日】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。

 

6/27【火】「レンタル不可」会場は使用中です
非公開のイベント、非公開リハーサル、会議、打ち合わせ、撮影(新聞・雑誌などの取材でのご利用)、会場点検(メンテナンス)、レンタルご利用者による会場下見、等々に使用しております。
レンタル利用ご希望の方は、当サイトの『RENTAL SPACE|会場レンタルについて』をよくお読みなられた上で、お気軽に『CONTACT・RESERVATION|ご予約・お問い合わせ』よりお問い合わせください。