月別アーカイブ: 2019年1月

2019年2月のスケジュール

plan-B主催

2019年2月2日【土】
石原淋 ソロダンス「風の隙間で」

演出:田中泯
出演:石原淋
音:村上史郎
照明:アミ

開演19:00(開場15分前)

料金:2500円

予約:ウェブのみ(ここをクリック!)
※満員になり次第、予約受付を終了いたします。

会場:plan-B地図 http://i10x.com/planb/access
住所:〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
plan-B入り口は中野通り沿いになります。ご注意ください。
電話:0333842051(当日のみ使用可能)

石原淋プロフィール

1971年12月9日 鹿児島県出身
鹿児島純心女子中学・高等学校卒業。上京後、桑沢デザイン研究所卒業、在学中に、女優 岩下志麻の育ての親、市川しげ子と出会い日常から演技についてのあり方を学ぶ。同時期にNHK演技学校にて深町幸男氏より演技を学び、1994年NHK音楽映像ドラマ「ハムレット幻蒼」にてオフィーリア役で映像デビュー。この番組での共演をきっかけに田中泯(舞踊家)を師事。その世界感の踊りへ、生活体系そのものから転身。山梨県での農業共同生活の日常と、数多くの舞踊公演を繰り返す中「おどり」が持つ、根源的な意味を追求していく。クラシックでも、コンテンポラリーでもない、またはポストモダンでもない、または前衛舞踊でもない、「名付けようのないオドリ」へのあこがれを求めて。野外、そして海外に至り、また舞踊世界だけでなくオペラ、映像ともに多方面に出演を重ねる。田中泯の主催する桃花村舞踊団(2000年2月―2006年1月)ではダンサーとして欠かせない存在とし頭角を現す。その後2006年より本格的にソロ活動を開始。灰野敬二(音楽家)とのコラボレーション(2006年8月―2007年11月)。現在も、師:田中泯の初の振付作品への試みは、石原との共同作業として「昭和の体重」「踊り場作業『否連続』non-continuity」「野をさがす」「象が聴こえる」「オドリといるために」シリーズを継続中。

plan-B presents

Rin Ishihara Solo Dance
The Blank Winds

Saturday, February 2, 2019
At 19:00 start / 18:45 open

Directed by Min Tanaka
Dance; Rin Ishihara
Sound: Shiro Murakami
Lighting: AMI

Tickets: \2500
Reservations ; here(For Reservations Only)
Place; plan-B map

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

plan-B主催

2019年2月9日【土】、2月10日【日】
上映&LIVE  甫木元空 監督作品 映画「はるねこ」

★上映後、映画「はるねこ」のSpecial Band Liveを行います!

——————

☆9日☆
18:30 開場
19:00 映画「はるねこ」(85分)上映
20:30 Special Band Live (30分前後)

Special Band Live
青山真治 (G)
山田勲生 (G)
佐野忠 (Bass)
コスマス・カピッツァ (Ds, Percussion)
菊池剛 (P, Key)
甫木元空 (Vo, G)

☆10日☆
18:30 開場
19:00 映画「はるねこ」(85分)上映
20:30 Special Band Live (30分前後)

Special Band Live
甫木元空 (Vo, G)
菊池剛 (P, Key)
清水大史 (G)
武良泰一郎 (Dr)
他、追加ゲストあり
——————

料金
予約2000円/当日2500円

予約:ウェブのみ(ここをクリック!)
※満員になり次第、予約受付を終了いたします。

会場:plan-B地図 http://i10x.com/planb/access
住所:〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
plan-B入り口は中野通り沿いになります。ご注意ください。
電話:0333842051(当日のみ使用可能)

「はるねこ」
甫木元空 監督 85分/日本

■キャスト
山本圭祐
岩田龍門
赤塚実奈子
川合ロン
高橋洋
川瀬陽太
りりィ
田中泯

■スタッフ
プロデューサー:青山真治 仙頭武則
撮影:鈴木余位
照明:山本圭太
音楽:山田勲生 甫木元空
音響:菊池信之
仕上げ:田巻源太
監督・脚本・編集:甫木元空
企画協力 ユーロスペース
製作 マイナーリーグ

■監督プロフィール
甫木元空(ほきもと・そら)
1992年埼玉県生まれ、多摩美術大学映像演劇学科卒業。 在学中教授であった映画監督青山真治から映画に触れる。2016年長編映画デビュー作「はるねこ」で監督・脚本・音楽を務め、全国劇場公開される。第46回ロッテルダム国際映画祭コンペティション部門など、イタリア、ニューヨークなど複数の映画祭に招待された。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2019年2月23日【土】

映画「山谷やられたらやりかえせ」上映会&講演
監督 佐藤満夫・山岡強一 ドキュメンタリー/16mm/カラー/1時間50分

上映 18:00~
映画『山谷 やられたら やりかえせ』監督:佐藤満夫・山岡強一
ドキュメンタリー/16㎜/カラー/1時間50分

講演 20:00~(60分前後)
ミニトーク
「3・1独立運動」から100年めに “恨日” を語る
朴容福(元・指紋押捺拒否予定者会議)

今年は、1919年に朝鮮全土で闘われた「3・1独立運動」から100年を迎える。1910年の「韓国併合」を経て、より苛烈になる日本の植民地支配に抗して、民衆が「朝鮮独立万歳!」を叫び、全土にくり広げていった闘いだ。

   それから100年。1945年の敗戦を経ても、日本政府はその歴史的な犯罪の責任をなんら明らかにはしていない。また、植民地支配の実態そのものである強制連行や強制労働(徴用工)、従軍慰安婦らの具体的な被害者にも謝罪や補償をしないばかりか、企業に賠償を命じた韓国の司法(裁判所)の判断には、政府の面々が文句をつける始末だ。この政府が昨年末に強行採決した外国人労働者の移入拡大を目指した法律(改定入管法)は、「共生社会」の掛け声にもかかわらず、共に生きるべき人間ではなく、かつての「連行」と同じように「労働力だけの動員」であることは目にみえているのではあるまいか。

 1980年代なかばに「反外登法」「指紋押捺拒否」の運動が多くの在日韓国・朝鮮人、中国人たちによって闘われ、その結果、昭和天皇の最後の勅令を基にした「外国人登録法」は、それ自体としては廃止された。そのころから「多文化の共生」ということが語られはじめたのだが、はたしてその「共生」は人びとのあいだに根づき、社会のなかに息づいたのだろうか? 

 今回のミニトークでは、かつて「指紋押捺拒否予定者会議」を立ち上げ、運動の中心をになった朴容福さんをお招きし、現在の日本社会について、その思いを語っていただく。

 共生/連帯とは、まずは「現在」に対する痛烈な批判から始まるものであるから…。

 ぜひ、ご参集ください。

★料金
チラシ持参・予約 1000円/当日1200円
※講演のみはカンパ歓迎

<予約・問合せ>
「山谷」制作上映委員会
e-mail:komi-ko3@jc.ejnet.ne.jp(小見)
090-3530-6113(小見)
ウェブサイト http://www.sanyafilm.jpn.org/ 

2019年3月のスケジュール

3/8【金】19:30、3/9【土】14:00/18:00
山本光洋ソロライブ「丘を越えて」




■公演日時
 
2019年3月8日(金) 19:30 ・9日(土) 14:00 / 18:00
受付開始=開演の1時間前 開場=開演の30分前

■チケット料金 
予約制・日時指定・全席自由             
予約のみ¥3,000  
学生¥1,000(要学生証)

チケット予約・お問い合わせ★山本光洋Office
TEL/FAX  03-3951-1999                       
Email  info@koyoworld.com 
Web http://www.koyoworld.com       

■①お名前②日時③枚数④連絡先を明記の上お申し込みください。
■返信を持ってご予約成立となります。
■会場の都合によりお席に限りがありますので、必ずご予約の上ご来場ください。
■当日券・最新情報についてはHP,facebook,twitter等でご確認下さい。
■公演当日、受付にてご精算ください。
■受付時にお配りする整理番号順にご入場いただきます。
■当日券に関しては満員でない場合のみ窓口で受付いたします。

■会場:plan-B地図 http://i10x.com/planb/access
住所:〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
plan-B入り口は中野通り沿いになります。ご注意ください。

作・演出・出演・企画制作】 山本光洋

【演出協力】 新堂雅之
【音響・照明】 松田充博

【写真】 伊藤雅章

【フライヤーデザイン】 山本菜央
【制作協力】 ACC(アフタークラウディカンパニー)


<山本光洋(やまもとこうよう)プロフィール> 
パントマイムを基軸とした多彩な芸を活かし、大道芸World Cup in 静岡、ヨコハマ大道芸、大須大道町人祭り(名古屋),韓国・タイなどの国内外のイベントやフェスティバルで活躍。2009年より『ア・ラ・カルト2』、2010年より世田谷パブリック@ホーム公演に毎年出演。また“チャーリー山本”として『笑点』(NTV)に登場するなど、活躍の場を広げている。東京都へブンアーティスト登録者。

最新情報発信中!
http://www.koyoworld.com                          
facebook http://www.facebook.com/yamamotokoyo      
twitter  @Yamamoto_koyo

2019年4月のスケジュール

plan-B主催

2019年4月13日【土】
石原淋 ソロダンス「風の隙間で ー B地点にて」

演出:田中泯

出演:石原淋
黒い者:田中泯

音:村上史郎
灯:アミ
装置:森純平

開演19:00(開場15分前)

 料金:2500円

予約:ウェブのみ(ここをクリック!)
※満員になり次第、予約受付を終了いたします。

会場:plan-B地図 http://i10x.com/planb/access
住所:〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
plan-B入り口は中野通り沿いになります。ご注意ください。
電話:0333842051(当日のみ使用可能)

石原淋プロフィール

1971年12月9日 鹿児島県出身
鹿児島純心女子中学・高等学校卒業。上京後、桑沢デザイン研究所卒業、在学中に、女優 岩下志麻の育ての親、市川しげ子と出会い日常から演技についてのあり方を学ぶ。同時期にNHK演技学校にて深町幸男氏より演技を学び、1994年NHK音楽映像ドラマ「ハムレット幻蒼」にてオフィーリア役で映像デビュー。この番組での共演をきっかけに田中泯(舞踊家)を師事。その世界感の踊りへ、生活体系そのものから転身。山梨県での農業共同生活の日常と、数多くの舞踊公演を繰り返す中「おどり」が持つ、根源的な意味を追求していく。クラシックでも、コンテンポラリーでもない、またはポストモダンでもない、または前衛舞踊でもない、「名付けようのないオドリ」へのあこがれを求めて。野外、そして海外に至り、また舞踊世界だけでなくオペラ、映像ともに多方面に出演を重ねる。田中泯の主催する桃花村舞踊団(2000年2月―2006年1月)ではダンサーとして欠かせない存在とし頭角を現す。その後2006年より本格的にソロ活動を開始。灰野敬二(音楽家)とのコラボレーション(2006年8月―2007年11月)。現在も、師:田中泯の初の振付作品への試みは、石原との共同作業として「昭和の体重」「踊り場作業『否連続』non-continuity」「野をさがす」「象が聴こえる」「オドリといるために」シリーズを継続中。

plan-B presents

Rin Ishihara Solo Dance
The Blank Winds

Saturday, April 13, 2019
At 19:00 start / 18:45 open

Directed by Min Tanaka

Dance: Rin Ishihara
Dark Figure: Min Tanaka

Sound: Shiro Murakami
Lighting: AMI
Stage setting: Junpei Mori

Tickets: \2500
Reservations ; hereVia Website Only
*Please note the reservations are available on first-come, first-served bases.

Place; plan-B map
*Please note that the entrance is located on Nkano-Dori street.
Phone: 03-3384-2051 (Available only on the day of the event)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2019年1月のスケジュール

<主催plan-B>

三日間爆走!2019年1月3日(木)〜1月5日(土)
「中村達也 ソロライブ」

各日16時開演(受付開始15:45)

出演:中村達也(ドラムス)

料金:前売り¥4000/当日¥4500/三日間通し券¥8000

★完売御礼「三日間通し券¥8000」「1月3日¥4000円」「1月5日¥4000円」は完売いたしました!。完売御礼した日時はご予約メールを送信されてもご返信はお送り致しません。ご了承ください。

予約:ウェブ予約のみ
※満員になり次第、予約受付を終了いたします。

会場:plan-B地図
住所:〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
plan-B入り口は中野通り沿いになります。ご注意ください。
電話:0333842051(当日のみ使用可能)

企画制作:plan-B

■プロフィール■
中村達也(なかむら たつや)
ex-BLANKEY JET CITY
稀代のドラマーとして現在でも多くのバンドのグルーヴを担っており、音楽界でその名を知らぬ者はゼロと言っていいほどの存在。有名無名問わず、中村達也がこれまでプレイしてきた作品やライブ・セッションへは一様に多くの賛辞が集まっている。また、ミュージシャン以外との異種セッションに対しても精力的に活動しており、これまで画家の黒田征太郎とのライブ・ペインティングや、舞踊家の田中泯との創作ライブ、映画監督の豊田利晃を交えたライブ・シネマなど、多種多彩な演目を定期的に敢行。その飽きたることのない挑戦の連続こそが彼自身のビートの根源となっているとも言えるだろう。
その傍らで俳優としても活躍しており、デビュー作となった『BULLET BALLET バレット・バレエ』(00年/塚本晋也監督)を筆頭に、初の主演作 『蘇りの血』(09年/豊田利晃監督)、NHK大河ドラマ「龍馬伝」(10年)、映画『野火』(15年/塚本晋也監督)などで特異な存在感を漂わせている。最新の出演作として映画「斬、」(18年/塚本晋也監督)が現在公開中である。